セックスとオナニーの違いとは?意外と知らないセックスとオナニーの本質

セックスとオナニーの違いとは?意外と知らない行動の本質

 

あなたはセックスとオナニーの違いを正しく理解できていますか?セックスとオナニーでは全くその本質が違い、間違った認識でセックスをするとトラブルの元にもなり得てしまいます。セックスとオナニーの違いはなんだろう?と感じている人はその本質を正しく理解しましょう。

セックスの本質

セックスとオナニーの違いとは?意外と知らない行動の本質

 

セックスは、男女の性欲に基づき行われる行為で、必ずしも生殖行動とは結びつきませんが、男女間を円滑にする目的があります。

 

一番の目的は子供を作る事

男女がセックスをする一番大きな目的は子供を作る事で、生物学上では生殖行為とも呼ばれています。

 

人以外の動物でも生殖行為は当たり前に行われおり、これがなければ絶滅してしまいます。

 

お互いの愛情を確かめ合う

これは人だけが行う行為ともいえますが、他の動物たちも形を変えて行っている行為です。

 

例えば鳥が行う求愛のダンスなども、お互いの愛情を確かめ合う愛撫に相当する行為。

 

したがって動物は本能的にお互いの愛情を確かめあう行為をしていると言えるでしょう。

 

男女間のコミュニケーション

セックスは男女間のコミュニケーションとも言えるでしょう。

 

例えば恋愛感情がない男女がセックスをしないかと言えばそうではありませんよね?

 

お互いの利害関係が一致した場合などは普通にセックスを行うというのも男女間のコミュニケーション手段なのです。

 

性処理

人は定期的に性処理をしないとストレスが溜まる生き物です。

 

その為、性処理と言う意味合いでもセックスは大切な事と言えるでしょう。

オナニーの本質

セックスとオナニーの違いとは?意外と知らない行動の本質

 

オナニーは、セックスではなく自分の手やを用いて性器を刺激し、性的快感を得る行為で、別名で自慰行為とも呼ばれています。

 

性処理

オナニーの目的はズバリ性処理です。

 

セックスはパートナーがいないと成立しません。忙しい現代社会においては、パートナーがいたとしても必ずセックスが出来るとは限りません。

 

その為、人間には自分で性処理を行うオナニー行為が確立されたと言えるかもしれません。

記事まとめ

セックスとオナニーの違いとは?意外と知らない行動の本質

 

いかがでしたでしょうか?

 

上記を見ていただければセックスとオナニーは、その本質が根本的に違う事がご理解いただけたと思います。

 

端的に解説すると以下の様になります。

 

セックス

セックスは子供を作る行為と相手との愛情を確かめ合う行為。

 

オナニー

オナニーは自分の性処理として行う行為。

 

性処理を除けば意味が違う行為

セックスとオナニーでは性処理という意味を除けば違う意味を持つ行為であると言えるでしょう。