処女喪失後のセックスは痛くないのか?2回目以降の痛みや出血について解説

処女喪失後のセックスは痛くないのか?2回目以降の痛みや出血について解説

 

処女が初めてセックスをする処女喪失時、痛みと出血があるのは有名な話です。しかし2回目以降のセックスで痛みや出血は出るのでしょうか?ロストバージン時の話はよく聞く話と言えますが、2回目以降は謎が多いですよね?そんな2回目以降の出血や痛みについて解説しています。

痛みについて

処女喪失後のセックスは痛くないのか?2回目以降の痛みや出血について解説

 

処女喪失時に出血がある場合は裂傷による出血です。つまり、裂傷が完治しておらず、カサブタ状態では出血の可能性が高くなります。

 

これには個人差があり、何回目から痛みが無くなるとは言い切れませんが、しばらくの間は多少の痛みや違和感はあるものと考えておく方が無難でしょう。

 

痛みが強かった人は注意

処女喪失時に強い痛みを感じた人は、2回目の以降のセックスでも同程度の痛みを伴う場合があります。

出血について

処女喪失後のセックスは痛くないのか?2回目以降の痛みや出血について解説

 

処女喪失時の出血は処女膜の裂傷によるもの。

 

傷口が完治していないカサブタ状態で再びセックスを行えば、また出血する可能性があると言えるでしょう。

 

違う人とセックスする場合は注意

初体験と2回目以降では、相手の男性が同じとは限りませんよね?男性のペニスの大きさが著しく異なっていた場合、また膜の一部に裂傷が出来る可能性もあります。

痛みや出血はいつまで続くのか?

処女喪失後のセックスは痛くないのか?2回目以降の痛みや出血について解説

 

上記でも少し解説をしましたが、セックス時の痛みや出血がいつまで続くかには個人差があります。その為、スグに痛みがなくなる人もいれば10回程度行っても痛みや違和感を感じる人もいるはずです。

 

女性にとってペニスは異物

そもそも人の生殖機能上、ペニスを受け入れる事が可能な場所であったとしても、今までの人生で経験した事のない異物が挿入された訳ですのでスグにな痛みがなくなったり、違和感がなくなる事はありません。

 

しかし、慣れる事により少しずつ緩和されていきますので、慣れるまでの辛抱と割り切る方が良いと思います。

痛みや出血を緩和させるには?

処女喪失後のセックスは痛くないのか?2回目以降の痛みや出血について解説

 

処女消失時、強い痛みや出血があった人は、酷い裂傷を伴っている可能性があります。

 

その為、次のセックスまでの間隔を開けるようにしてください。

 

ローションを塗る

セックス時の痛みの原因は裂傷や摩擦による痛みです。その場合、ローション(潤滑剤)を使う事で痛みの緩和が期待できます。

 

痛みの出ないコンドーム

処女喪失後、何回かセックスを行っているのに、一向に痛みが消えない人は、コンドームが自分に合っていない可能性があります。その場合は痛みの出ないコンドームを使ってみましょう。